FC2ブログ

せつない気持ちと濡れ

BRUTUSの11月号の特集はせつない気持ちだった。

その時分いろいろと抱えていた自分はその表紙に
何かひっかかるものがあり購入して読むことにした。

しかしこのせつない気持ちって言葉、
哀しいとも寂しいとも違う何とも言えない気持ちなのだ。
この感情って何なんでしょ?

本を読んでもいまいちしっくりこない・・・

そんな自分のやるせない心に後日しっくりくる言葉をくれた方がいた。
その方は何かにつけて自分より数段上の階段を必死に
登っていて、自分はいつもその背中を必死に追いかけている。
どんな人かうまく説明出来ないが自分的には素晴らしくかっこよい人だ。
その方が言ったことにこんな話しがあった。
「自分はたくさんの人と会ってきたがその中でこいつはいいなって思う奴がいて
そんな奴にひとつの共通点があったんだよなぁ、それは自分的に一言で言うと
【濡れ】だと思ってんだよ。」
このあと、どんどんお話しは続いたのだが
自分はこの【濡れ】って言葉がせつない気持ちを抱えている自分に
妙にしっくりきたのです。

2010071917300000.jpg

コンクリートに残っている猫の足跡、
このフウケイもいろいろ考えるとせつない気持ちがする。

【せつない】に【濡れ】、
この言葉を深く感じていける心でいたいと思う。

写真家 荒木経惟の写真が好きだ。

いつかは終わりがくる命。
人生という旅はそこへ向かわざるを得ない。

せつない気持ちがなんとなく分かる自分がいる。


R http://comeblog.blog81.fc2.com/page-6.html




スポンサーサイト



テーマ : 雑貨
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR