FC2ブログ

僕の描くフウケイ

ミルトンコーヒーの田中です。
ミルトンのブログでは書けない個人的な内面を綴ってみようかなと思いまして。

ボクタチノフウケイに参加させてもらうようになり、新しいタイプの方との交流も増えました。
今年に入ってからは今までお付き合いするとは想像していなかった方々と会う機会もグンと増えました。

求めるから機会がやってくるし、求めているから機会に気付くのかもしれません。
恐らく成るべくして成った現象なのでしょうね。

ちょうど5年前の12月、ミルトンをオープンさせるべく、昼間は大工さん一人と一緒に施工し、夜は震えながら店舗のペンキを塗りました。 冷えた体を温めるように、天井に横たわる梁のやすりがけも夢中でやった記憶はこの時期になると頻繁に思い出されます。
当時の思い描いていた自分とお店のフウケイは、希望に満ちている半面、失敗するかもしれないという爆弾のような不安とのシーソー状態が同時に目に浮かんでいたわけです。
 
それでは今描くフウケイはどうなのか? 
実は当時とあまり変わらないバランスで希望と不安が頭を充満させています。
ただし、その希望のスケールも、不安のスケールも一段と大きくなって。

押しつぶされそうになる時もあれば、進むべき方向を見失いそうになる時もあります。
結局自分でどうにかしないといけないことはわかっているので、どうにかするわけですが、この5年間で強く感じるのは、自分一人では生きていけないし、人に助けられて今があるということかなぁ。 人が助けてくれているのに、自分が自分に逃げて行くと… 成るべくして成る結果が待っている気がします。

今僕がすべきことは明確で、それは絶えず進化しながら自分を奮い立たせています。
芯はぶれず、自分の気持ちに素直になり、人に感謝する。
30代半ば、今、頭も体も動かさずして、いつ動かすの?と常に自問自答の日々です。

今年は特に、不安も含めて、全てが楽しくなってきているのがわかります。
不安も楽しんでしまえば、怖いものなしです。 

僕の描くフウケイは空想や夢では終わらせない。


ミルトンコーヒーロースタリー http://www.miltoncoffee.com
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR